月刊 理容女子/BARBER GILRS FILE 09
内山 温美

gentlman Barber (新潟県新潟市)内山 温美

「月刊 理容女子」では、理容の世界で華やかに働く女性を毎月1名お迎えし、インタビューを交えご紹介致します。また、この企画ポスターは全国の専門学校理容科に配信される予定です。
本日第9回目のゲストは新潟県新潟市で働く内山温美さんにご登場頂きます。

業界で活躍する先輩、内山温美さんにインタビューしました。

[新潟県新潟市]
gentlman Barber
内山温美 (新潟県出身)
新潟理容美容専門学校卒業
Q1.理容を選んだ理由は?
きっかけは、中学生の頃に通い始めた理容室です!生まれて初めて刈り上げをしてもらった日の、テンションの上がりようは忘れられないですね!それからはもう床屋に興味津々、絶対床屋になるって決めました。
Q2.理容師になって良かったこと
たっくさんあります!お客様のライフスタイルの一部になれちゃうbarberってサイコー! あとgentleman Barberのクルーの人たちとの出会い。これがなければ、今の私は存在しません。(笑)
Q3.理容師になって大変だったこと
これもまたいっぱいあります。やっぱり技術職。メンタルだってズタボロになる時だってありますが、一生修行だと思っています。その分、乗り越えた時の達成感はどんな苦労をも吹き飛ばすくらいハンパないものです。
Q4.今後の目標
ボスの右腕になる事です。
Q5.理容師を目指す後輩に一言
自分のなりたい理容師像に向かって、一緒に進みましょう。
たまには休憩を挟みつつ、楽しみながら一緒に進みましょう!