プロの道具箱 VOL.91
OUTSIDER HAIR WORK

OUTSIDER HAIR WORK
Owner 山城 大輔(YAMASHIRO DAISUKE)

地元沖縄、そして東京と、13年にわたる理髪店勤務を経て、2015年には糸満で自店【OUTSIDER HAIR WORK】をオープン。
今回は、糸満ボーイズを魅了し続ける山城さんの道具箱をSNAPSHOT!!

TOOL BOX TOUR

見た目も大事ですが、手にする道具は実用性が一番。

SCISSORES & COMB

主にこの4本を使っています。特別高級なモノではありませんが、とにかく慣れていて使いやすいです。特にリビックのセニング2本は外せませんね。

コームは赤いのがcutコームで、ほとんどこれのみ。パートスタイルなどの整髪に使うコームは、目の粗いモノと細かいモノ、そしてサンビのブラシをよく使っています。

天洋(てんよう)のハサミ / キタのミニシザー / リビックの30%と40%のセニングシザー

CLIPPER

パワーもあって使いやすい、Panasonicのコードレスをメインに使っています。
また、Fade styleにはWAHL(スーパーテーパー/T-cut)も欠かせません。

SHARVING

kaiのステンレス製レザー、そしてshickの2枚刃です。替刃はセイフティガードがついているモノで、柔らかいアタリを意識しています。

AMENITY

ポマード類は、流行りのLAYRITE、BROSH、クールグリースなどから、昔からある中野ワックスやヤナギヤのハードジェルまで、お客様のstyleにあわせ色々と使い分けています。

ACCESORIES

店のオリジナルステッカーやTシャツなどは、barberの方々と繋がるきっかけになったりします。

FACILITY

ハサミ台は、ホームセンターで購入したエアコンの「室外機カバー」をペンキ塗ってカスタムしたものです(笑)
シザーベルトは使った事はなく、ハサミはシザーケースに置くstyleです。
宝物でもあるレコードは、元ミッシェルガンエレファントのチバユウスケさんと、元ブランキージェットシティの中村達也さんからサインをしてもらったものです。
GWF(ゴールデンウェットフィンガーズ)のliveの時に、楽屋で直接、目の前で、サインを頂きました。知り合いの「BIRD LAND」さん(那覇・浮島通り近くセレクトショップ)のコネのおかげです。(笑)
店の外観が黒で一見入りにくそうですが(笑)、内装は好きなバンドや映画、barber関連のカッコいいポスターや好きなブランドの服などが飾ってあり、居心地のいい場所になっています。BGMはスカやレゲエ、もちろんロックも流しています。

沖縄のバーバーは内地に比べて料金設定が比較的安い方だと思います。それは低所得、貧困等いろんな原因があるとは思いますが…。実際値上げに踏み切れないサロンも多いのではないでしょうか。
沖縄は若い男の子でも「髪は床屋で切る」という文化が昔からあり、そういう若い子達が美容室に流れないように僕たちは努力しなければいけないと思っています。
今はbarberブーム等もありカッコいい理容室が増えてきていますが、店に来てくれるお客さんをカッコよくして気分良く帰ってもらう、と言う事は昔から変わりません。これからも、それが続けられるようこの店をやっていきたいと思っています。

INFORMATION

OUTSIDER HAIR WORK
住所:沖縄県 糸満市 字糸満2431-7
tel:080-8378-7624
営業時間 :09:00 ~ 19:00
定休日:毎週月曜日 第3火曜日

HAIR STYLE CATALOG