ライオン・ヘアサロン・グループは、全国にコミュニケーションネットワークを有するヘアサロンビジネス・コミュニティです
│ プライバシーポリシー │ 資料請求メールでのお問い合わせ
あなたのベストパートナーになりたい
HOME >> Latest Topics
Comment

プロの道具箱 Vol.44


hairshop440 オーナー 前田克夫(MAEDA YOSHIO)


「シザーは、技術者の手となる神(髪)道具」と語る富山のシザーハンズ



hairshop440_MaedaKatsuo_TiTle

hairshop440_MaedaKatsuo_21



今回はそんなプロフェッショナル前田さんの道具箱をSNAPSHOT!


 




Arrow-Toolbox


 




hairshop440_MaedaKatsuo_22


 


地元富山の老舗シザーメーカーである島理研で、新しい商品のサンプルテストや技術者目線でのアドバイスなど、ハサミの商品開発アドバイザー兼インストラクターを務めさせていただいています。シザーは技術者の手となる神(髪)道具。シザーには人一倍のこだわりがあると自負しています。


 




hairshop440_MaedaKatsuo_23





Arrow-Scissors



hairshop440_MaedaKatsuo_24


 


島理研製 シーマハイテック440オリジナル カーブシザー

カービングカットで柔らかい動きを生み出します。DLC加工でブラックコーティング。





hairshop440_MaedaKatsuo_25



島理研製 シーマハイテック440オリジナル 4インチ スーパーミニシザー

小さいけれど切れ味バツグンです。このシザーを使い、ヴィダルサスーンでブラントカットを学びました。




hairshop440_MaedaKatsuo_26




島理研製 シーマハイテック440オリジナル ロングシザー

ロングシザーで大切なのは、とにかく切れ味。刈り上げへのこだわりは、髪質とその人への似合わせだと思います。まず、硬毛・軟毛・縮毛・滑毛と使い分けしています。そして、荒刈り・仕上げ・ボカシでも使い分け。髪質に適したシザーの切れ味(刃の付け方)でカットすると仕事がとてもスムーズです。



hairshop440_MaedaKatsuo_27

hairshop440_MaedaKatsuo_28


 


島理研製 シーマハイテック440オリジナル セニングシザー

キューティクルを傷つけない質感カット。セニングの刃は櫛刃が命で、ヘアデザインと髪質で使い分けます。櫛刃の目数がオリジナルで、少なく・多く・少なく・多くと交互に2隙4隙と削ぐ分量を互い違いにする事によって,ランダム隙が空気感を出す立体カットになります。また、ウィービングカットでは毛束感を生み出します。


 




hairshop440_MaedaKatsuo_29




島理研製 シーマハイテック440オリジナル

最新のブラントカットハサミ(ブレーキカット)。ブレーキカットハサミは、刃付けで柳刃と笹刃が有るのですが、柳刃はシャープな切れ味、笹刃はスライドカットなど逃げる滑らかな切れ味で、ブレーキカットの刃はスリッドが入って毛束を逃がしません。ボブのカットやワンレングスのカットに適していて、毛束が厚くても誤差が出ず髪が逃げずに切る事が出来ます。



hairshop440_MaedaKatsuo_30



マックススタート製 440オリジナルシザーケース

お気に入りの品です。皮から形状やベルトまで、新渡戸さんに我儘を聞いてもらい440オリジナル品を制作してもらいました。




Arrow-Comb


 


hairshop440_MaedaKatsuo_31




ファイズジャパン ファイズコーム

ファイズコーム(赤:段差半円状)は、もつれをスムーズに梳かし、絡みを取ります。スライスを取るリングコームは、ヘラクレスコームのバーコードです。太い髪、細い髪、癖毛など、どのような髪質にもスムーズに入ります。仕上げ用(白と黒)の櫛はシリコームです。




Arrow-Amenity




hairshop440_MaedaKatsuo_33


 


シェービングメニューとして、メンズシェービング/メンズエステシェービング/レディースエステシェービング/レディースブライダルシェービングなどを提供しています。ここでは、ユーストーリー(軽井沢)のパックも好評です。





Arrow-Facility




hairshop440_MaedaKatsuo_31B


 


hair shop 440 (ヘアショップヨンヨンマル)。店の名前の由来は、私の名前(ヨシオ/440)です(笑)

1988年に高校を卒業後、サント・ノーレ 田中秀一氏の元で修業。そして1993年、パリ・アニメーションコアフュール ムッシュ ヨシノヤステル氏のもとで修業。フランス、イギリス、イタリアへと移る。帰国後、東京の某大手美容グループ 下北沢店の初代店長として立ち上げに携わり、これを経て富山で自身のサロンであるhairshop440 をオープン。お陰様で昨年オープン30周年を迎えました。




hairshop440_MaedaKatsuo_35


 


オギャーと生まれた赤ちゃんから、おじいちゃんおばあちゃんまで、あのお店でないと、あの人でないと、などと言ってもらえるサロンにしていきたいと思っています。

髪が伸びたら切るという事ではなく、オシャレでありたいと常に思っている男女をターゲットにしたユニセックスサロンです。


 




hairshop440_MaedaKatsuo_32



5年前に韓国芸術大学の教授になり、メンズヘアとレディースヘアのカット、パーマ、 カラーリングなどデモストレーションを韓国で行っています。


理容とか美容とか、メンズが理容とか、低料金サロン、他業種がヘアサロン業界進出とか、カラーオンリーサロンとか、カットオンリーサロンとか-。呼び名や業態は様々ですが、不景気な今の時代と今後の少子高齢化を意識して、価値「観」と価値「感」を高めていきたいと思っています。




Arrow-Imformation




赤ちゃんからおばあちゃんおじいちゃんまで、多くの人に選ばれたユニセックスサロン


hair shop 440


住所:〒930-0853 富山県富山市永楽町34−1

電話:076-442-0440

営業時間:9:00~19:00/土・日・祝 8:00~18:00

定休日:毎週月曜日/第1火曜日/第3日曜日





hairshop440_MaedaKatsuo_34




hairshop440_MaedaKatsuo_36




バックナンバー


全国有名サロンのスタイリストが、こだわりのプロツールを紹介する連載企画「プロの道具箱」

ライオン・ヘアサロン・グループ 公式ウェブサイト(当サイト)と、公式Facebookページでご覧いただけます。

毎週金曜日 好評更新中


過去の投稿をご覧になりたい方は、下の画像からインデックスページへ。


 


プロの道具箱