ライオン・ヘアサロン・グループは、全国の理容師と美容師を対象としたヘアサロンビジネス・コミュニティです
│ プライバシーポリシー │ 資料請求メールでのお問い合わせ
あなたのベストパートナーになりたい
HOME >> Latest Topics
Comment

プロの道具箱 Vol.35


Jazzの聴ける理容室 JIMMY JAZZ(ジミージャズ) Master 貴堂行雄(KIDO YUKIO)


JAZZが流れる贅沢な空間で仕事をする貴堂氏。


 


JimmyJazz_KidoYukio_Title


JimmyJazz_KidoYukio_00


今回は、そんなプロフェッショナル貴堂さんの道具箱をSNAPSHOT!


 


Arrow-Toolbox


ジャズ喫茶に匹敵するオーディオを完備するバーバー


 


JimmyJazz_KidoYukio_01

JimmyJazzは今年(2018年)の11月で30周年を迎えます。ヘアサロンは、7~10年くらいで改装する方が多いと聞きますが、30年の間、一度も大規模な改装を行わず営業して参りました。”ジャズの流れる大人のための理容室”というコンセプトも変わらず、開店当初からこういう感じのお店です。

きっと「ジャズが趣味だからこういう店を始めたんだな」と思わる方が多いかもしれませんが、本当は、理容室で散髪する時にどんな音楽がかかっていたら素敵だろう?と試行錯誤して出した結論がこの「ジャズ」だったのです。


店に入って先ず、お客様の目を引くのがJBLの大型モニタースピーカーです。単なるBGMとしてジャズを流すだけでなく「もっと本格的でジャズ喫茶に匹敵するオーディオを」との考えで2000年に導入したものです。これに付随してドライブするアンプもマッキントッシュのセパレートになりました…。

あっ?! これってハサミとかバリカンとかを紹介するコーナーでしたよね (笑)


 


JimmyJazz_KidoYukio_01-B


 


Arrow-Clipper


 


JimmyJazz_KidoYukio_02


 


(ということで肝心の道具ですが)クリッパーはWAHLのスーパーテーパー、ディテーラー、8900のトリマーを使っています。家業が床屋で、物心ついた頃から「WAHL(ヴァール:昔はWAHLをドイツ読みで発音した)」のバリカンが身近にあったせいか、今のバーバーブームで、バリカンやサインポールがかっこいいとか云う感覚が正直よくわかりません。


 


Arrow-Scissors


 


JimmyJazz_KidoYukio_03


 


鋏はアヤックスシザーズでメンテナンスをお願いしています。特殊なデザイン、使い勝手や感触など細かい注文にも対応してくれるので助かっています。特に新開発の無触点シザー”SMT-7.0”は高価ですが、パワフルな切れ味が実に素晴らしいと思います。時間短縮にも繋がるのでベテランにはぜひ使って欲しい一丁です。

そして、ミズタニシザーズのブレンディングシザーも、コストパフォーマンス抜群で重宝しています。こちらは若いバーバーにもお奨めです。

Arrow-Accessories


 


JimmyJazz_KidoYukio_04


 


カッティングクロスは、生地をたっぷりと使ったゴージャスな中村商店のクロスと、夏場はショート丈で通気性がいいROYAL KNIGHT TOKYOのクロスとを使い分けています。音符柄のシェービングケープは、恥ずかしながら家内の手縫いであります。


 


Arrow-Facility


 


JimmyJazz_KidoYukio_05


 


バーバーチェアーはタカラベルモントのシグマ21を30年間使い続けています。すでに廃番のモデルですが、とにかく座り心地が最高で、お客様に長時間座っていただくことを考えると、他のものには替えられません。

JimmyJazz_KidoYukio_06


 


ウェイティングスペースのコーヒーテーブルは、ベースにプロペラ飛行機のエンジンを使用した一点物です。


 


JimmyJazz_KidoYukio_07


 


ジャズバーを思わせるカウンターには、座高85センチの特注スツールを備え付けました。施術後のドリンクサービスも好評です。


 


JimmyJazz_KidoYukio_08

近頃、鹿の剥製を飾るバーバーが増えていますが、多分ここが一番早かったのではないでしょうか。何しろ当時の評判は「悪趣味だ!」「成金か?!」「かわいそう TT」「気持ち悪い!」と散々でしたから(笑)昔よく通ったジャズ喫茶に立派な鹿の剥製が掛けてあり、つまりお店へのオマージュであるのと、左右のスピーカーのセパレーションを良くする為の仕切りとして、音響的な意味もあります。ついでに白状すると、その上にあるレコード棚はジャケットに角度をつけて立て掛けることでフラッターエコーを無くす音響パネルとして機能しています。


 


Arrow-Amenity


 


JimmyJazz_KidoYukio_09

スアベシートのポマードや、名入りTシャツや刺繍入りのキャップなど、当店オリジナルデザインのグッズを8BALL BARBER SUPPLYに卸してもらっています。


 


JimmyJazz_KidoYukio_10


JimmyJazz_KidoYukio_11


 


巷の理美容室で見かけない物でも、商品そのものが独特の世界観を演出しているので、思いのほか興味を示すお客様が多くいらっしゃいます。


 


JimmyJazz_KidoYukio_12


必ずしも顧客がジャズファンやオーディオマニアというわけではありません。

店で流す音楽や飾る写真1つをとっても、ただの寄せ集めではなく店主がストーリーを語れることが大事なのだと思っています。


 


Arrow-Imformation


 


ジャズの流れる大人のための理容室

[Jazzの聴ける理容室] Jimmy Jazz


555-0021  大阪市西淀川区歌島3-2-4 府営歌島住宅1F

PHONE 06-6472-5281


営業時間および予約受付 9:00~19:30

定休日:月曜


WEBSITE http://art.pepper.jp

FACEBOOK https://www.facebook.com/jimmy.jazz.12914

instagram  https://www.instagram.com/jimmyjazz4343/?utm_source=ig_embed


BLOG  barber shop JIMMY JAZZ BLOG [ジャズの聴ける理容室]  http://art.pepper.jp


 


JimmyJazz_KidoYukio_13


JimmyJazz_KidoYukio_15


JimmyJazz_KidoYukio_14