ライオン・ヘアサロン・グループは、全国にコミュニケーションネットワークを有するヘアサロンビジネス・コミュニティです
│ プライバシーポリシー │ 資料請求メールでのお問い合わせ
あなたのベストパートナーになりたい
HOME >> Latest Topics
Comment

プロの道具箱 Vol.23

JOLLY’S BARBER SHOP オーナー 細川浩之 (HOSOKAWA HIROYUKI)

大阪でカッコいい粋な男を作り出す細川氏、気さくな細川氏の元にはセンスある大人の男達が集まる。


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_Title


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_01


今回は、そんなプロフェッショナル、細川氏の道具箱をSNAPSHOT


 


Arrow-Toolbox


道具へのこだわりはそこまで強くは無いです。

ある程度は吟味しますが、選んだ道具の中でどう使うかを考える方が好きですね。


 


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_02


 


Arrow-Scissors


今使っているハサミは修行時代、師匠から勧められて買った天洋Gを愛用しています。天洋は硬い髪でも滑らかに切れるので手放せないですね。セニング鋏はノーブランドのスキ率30%と10%の2本を使っています。


天洋 G / TIC / (ノーブランド) セニング鋏

JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_03


 


Arrow-Comb

櫛はべっ甲よりも水牛角櫛の方が好きで、使っていくうちに色の変化であったり、毛の通り方が少しずつ変わっていくのが使っていておもしろいですね。


寺本 水牛角櫛


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_04


 


Arrow-Clipper


クリッパーはWAHLのLEGENDとT-CUTをメインで使っていています。というかスーパーテーパーとレジェンドしかもってません(笑)

世には沢山のclipperが出ていますが、そんなに興味は無く、どちらかというとあるものでどう使うかを考えて使っています。WAHLは毎日使っているので半年くらいで刃を交換してますが、切れ味は抜群ですね。あの電源を入れた瞬間の”バチン”という音はバイクのエンジンに火がついた様な感覚があって気合が入りますよね。


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_05


 


ここ最近、フェードスタイルを切ることが多くほぼclipperでつくっていくので、鋏とクシの出番が少なくなってきますが、その分clipperは直接お客様の肌に触れる物なので、刃の角度、力加減にはすごく気を使っています。


WAHLを使うキッカケになったのはAPT.HAIR SERVICEの山本 丞さんが「これいいよっ」て勧めてくれたことが最初なんです。89テーパーを半強制的に買わされました(笑)

そこから色々と刃の調整やパワーの調整を教えてもらってからWAHLにハマりました。


シェーバーはパナソニックを使っています。特にWAHL製に拘りは無く電池式の簡易的な物ですが機能的にはこれで十分です。


WAHL LEGEND / Balding clipper / 89 BLIND BARBER EDITION / T-CUT / 5 Star Detailer/ 8900 cordless

Panasonic スーパーレザーES3832P


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_06


 


Arrow-Razor


剃刀はFEATHERを20年近く使っています。他の剃刀も使ったことがありますが、結局これに落ち着きました。メンテナンスはちょっと面倒くさいですが、それも含めて好きですね。


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_07


 


Arrow-Accessories


カッティングクロス、シェービングケープは中村商店さんの物がダントツでカッコいいので使わせてもらっています。


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_08


 


最終的に自分の手に合っているものを選んでいくと、意外とシンプルになっていっている気がします。

道具は技術者それぞれの使い方であり、良い物の見極め方は違うと思うので、これからも情報は常に吸収していきたいと思っています。


今の理美容業界は資格という違いはあるにせよ、理容と美容の垣根が無くなってきていて、お客さん目線でいくと実際、理美容関係なく自分のスタイルあったお店を選んでいるのかなと感じます。それがたまたま理容室だったり、美容室だったりするだけで、こっち側も常にアンテナ張って変化していかないと難しい時代だなと思います。

そういう意味では自店のスタイルもしっかり発信していきたいですね。


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_09


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_10


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_11


 


Arrow-Imformation


男磨きと男の為の息抜きの場を独自のコンセプトでつくり上げた、大阪のメンズクラシックバーバー。


JOLLY’S BARBER SHOP


大阪府茨木市園田町10-11

電話:072-657-7470

営業時間 : 平日 10:00~20:00

土日祝 09:00~20:00

定休日 :  月曜


WEBSITE : http://jollys-barber.wixsite.com/shop

Instagram : https://www.instagram.com/hos.barber/

Facebook : https://www.facebook.com/JOLLYS-BARBERSHOP-大阪メンズクラシックバーバー-222246808127510/


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_12


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_13


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_14


 


店づくりのストーリーとコンセプト -。

コンセプトって言うと難しく考えてしまうんですけど、結局自分が楽しく仕事が出来る空間を創るって事なのかなって思います。それに共感してくれる人達が来てくれたら最高ですね。

もともとアメリカンカルチャーや、バイクが好きで同じ趣味を共感出来るようなお店を作れたらなとずっと思っていて、独立する前からずっと影響を受けていたlocal barber HIRAKAWAの平川さんやTHE BARBA TOKYOの渡部さんに直接お会いして、店作りの方向性を固めていった感じですね。

また同時期に移転をされたAPT.HAIR SERVICEの山本丞さんの影響も大きかったです。色々と相談にのってもらっていました。皆さん名前出してすみません(笑)

独立するタイミングとちょうどBARBERブーム的な事が重なって、世の中の流れが今の店の経営を助けてくれている感じです。特に人との出会いに感謝したいですね。


 


JollysBarberShop_HosokawaHiroyuki_15