ライオン・ヘアサロン・グループは全国に約300ネットワーク。あなたの家の近くに必ずお気に入りのお店が見つかります。
│ プライバシーポリシー │ 資料請求メールでのお問い合わせ
あなたのベストパートナーになりたい
HOME >> Latest Topics
Comment

プロの道具箱 Vol.18

BLUE WORKS BARBER 代表 佐藤寛之 (SATO HIROYUKI)


次代のバーバーサービスのスタイルを独自の感性で探求する南青山の若き理髪師。

Blueworks_Satohiroyuki_Title


BlueWorks_SatoHiroyuki_01

今回は、そんなプロフェッショナル、佐藤氏の道具箱をSNAPSHOT!


Arrow-Toolbox


基本使用した上で、自分の手に馴染むものを重視して使っています。デザインは二の次でカッコいいものはたくさんあるけれど、使い勝手が悪ければ使わない。そして馴染んだものをずっと使い続けています。

また、道具だけではなくシャンプーやスタイリング剤も、流行やネームバリューに左右される事なく、その物の本質を見極め、本当に良い質で自分達が気に入った物だけを使用しています。


BlueWorks_SatoHiroyuki_02


 


Arrow-Scissors

基本この4本をメインで使用。もちろんお客様の髪型、癖によっては2、3本増えるときもあります。セニングは抜け感重視で、すける量の違うものを2種。刈り込みは7インチ以上が必須。一本でなんでもこなせます

白いハサミは、最初に働いていたお店を退社する際にスタッフから頂いた大切なもの。初心を忘れないという意味も含め必ずトレーに入れています


※左から

Air P703 / Change


JOEWELL JGT-X13G / C550W


 


Arrow-Comb


ハサミの次に大事なものがコームです。刈上げの基準となる長さを設定する際に必要不可欠なもの。ミリ単位で仕事する上でコームは同じものをずっと使い続けています。このカーボンコームは毛も付きにくいため、キレイな仕事をする上でも欠かせません。


 


Arrow-Clipper


クリッパーが必須になるのは2mm以下なので、その点細かい調整がきくこのクリッパーは重宝しています。


※右から

Panasonic  ER-GP80

WAHL  clipper 8841 / Finale Shaver


 


Arrow-Accessories


KAI  BARBERとしての必須道具

BlueWorks_SatoHiroyuki_03

BlueWorks_SatoHiroyuki_04


 


Arrow-Imformation

東京青山の裏通りにある大人の為の寛ぎスペース。珈琲とお酒を愉しみながら男を磨けるハイエンドバーバー。


 


BLUEWORKS


東京都港区南青山2-10-11 A aoyamaビル1F

電話:03-6874-1893

営業時間

平日 12:00~22:00 / 土曜 10:00~20:00 / 日曜 10:00~18:00

定休日 月曜/第1、第3火曜(祝日の場合は営業、翌火曜休み)


WEBSITE http://www.blueworksbarber.com/

instagram https://www.instagram.com/blueworksbarber/


 


BlueWorks_SatoHiroyuki_05


BlueWorks_SatoHiroyuki_06


BlueWorks_SatoHiroyuki_07


オリジナルブレンドの珈琲は小型ロースターで少量単位で焙煎、フレンチプレスで抽出した珈琲は豆本来の味わいを引き出す。


BlueWorks_SatoHiroyuki_08