ライオン・ヘアサロン・グループは全国に約300ネットワーク。あなたの家の近くに必ずお気に入りのお店が見つかります。
│ プライバシーポリシー │ 資料請求メールでのお問い合わせ
あなたのベストパートナーになりたい
HOME >> Latest Topics
Comment

プロの道具箱 VOL.15

KINGSMAN TOKYO BARBERSHOP 代表 吉田奈津樹 (NATSUKI YOSHIDA)

愛と夢の国ピューロランドのふもとで、戦士達のくつろぎの場を創り出すスーパーディレクター吉田氏。


KingsmanTokyo_YoshidaNatsuki_Title


KingsmanTokyo_01


今回は、そんなプロフェッショナル、吉田さんの道具箱をSNAPSHOT !


 


Arrow-Toolbox


「作業スピードが上がり、モチベーションも上がる。僕の道具選びの基準です -」


KingsmanTokyo_02


 


 


Arrow-Clipper


「使いやすさだけでなく、サロンのブランディングも考えながら -」


MADE IN USAの文字、本体のデザイン、仕上がりの質感。どれをとっても外国人系のスタイルを作るには欠かせないものです。 ブランディングの一つにも。 カットの前にデザインやUSAの文字をお客様にお見せします。


WAHL

Wahl Professional 5-Star Cordless Magic Clip

Wahl Professional Series Detailer

Wahl Professional 5 Star Series Finale Finishing Tool

Wahl Professional Chromini T-Cut

Wahl Super Taper2

Wahl Professional Premium Black Cutting Guides


こういうところで、国産のバリカンを出すのは少し気が引けますが、有名バーバーの皆さんも表に出さないだけで使い分けているのは周知の事実なので、あえて。 なんだかんだで日本人のBlack Metal Hairには強いです。

切り残しなく、アタッチメントのあとも残らず、ご無沙汰のお客様の髪の毛を一瞬でベリーショートにできます。 フェードにするわけではない方、オーソドックスな昔ながらの床屋の髪型を求めておられる方にはこれで作ります。

うちの店では、フェードスタイルに追加料金をいただいており、あえて国産のバリカンも使うことによって、MADE IN USAのWAHLを使うという価値をつけられるので、差別化という意味でも両方使っています。


Panasonic

Panasonic ER-GP80-K プロリニアバリカン


 


Arrow-Comb


「黒髪には白コーム1択 -」


日本人の真っ黒な髪の毛にはやはり見やすい白いコームがいいです。 ただでさえ暖色の間接照明のうちの店は見づらいので、黒髪の方は、コームは白一択です。 白髪や根元までハイトーンの毛の人に関しては、濃い色のコームを使います。


Wahl Flat Top Comb (Off-white) &Black

beaupro comb white&Blue ys park

仕上げ櫛 white Andis White Clipper Comb


 


Arrow-Scissors


「繊細な仕事にはやはりハサミ -」


もともと修業していたお店が床屋の世界大会などにバンバン出ている系列であったこともあり、就職して初めて手にしてからずっと内山です。

昔からの競技会や世界大会の代表選手は全員内山を使っているということもあり、繊細な仕事にはやはりハサミです。 外向きの発信力の強い、営業上手なハサミ屋さんがどんどん出てきて色々使いましたが、なんだかんだ修業時代からずっと変わらず使っているメーカーに落ち着きました。 派手さはないですが、しっくりきます。セニングは束感の質感と抜けの良さを重視するので、既製品から櫛刃に手を加えて使っています。

カット中に髪の毛を引っ張られたって言われたくないですからね。 ハサミもオタクなので、V10から粉末ハイス鋼まで鋼材にこだわっていろんなハサミを買いましたが、今は鋼材を武生特殊鋼材さんのコアレスというV10とV2が70層になっている鋼材で作ってもらっています。ワンレンをブロッキングなし、フリーハンド、6パネルで切れます。逃げないですし、今までの半分の力です。値段も倍以上しましたが。


シザーズ内山

シザーズ内山 特注 コアレス貴龍 中刈 7inch

シザーズ内山 特注 コアレス 5.75 inch 直刃

シザーズ内山 特注 セニング 8% PT1 櫛刃を抜けがいいように改造済

シザーズ内山 特注 セニング 18% PT2 櫛刃を抜けがいいように改造済


メーカー不明 5.75inch 大阪の師匠からの頂き物


 


Arrow-Others


「プロである以上、ツールオタクにならないとダメだと思います -」


canonのフルサイズの一眼はSNS等に載せるスタイル写真をとるのに使います。もちろんこれも、Wi-Fiでスタッフと共有しているクラウド上で共有をしています。 一眼で撮るとデータのサイズが大きすぎるので、無料で使える容量無制限のクラウドに保存しています。 canonはスタイル写真しか撮らないので、レンズは単焦点レンズの一つしか持っていません。

お店のペーパーレス化を進めているので、基本的にヘアカタログではなくて、pintrestやinstagramの画像をipadでスタイルを見せながらのカウンセリングになります。


 


KingsmanTokyo_03


僕自身ある程度ガジェットオタクであり、Apple信者なので、僕が仕事する時は身の回りはApple製品だらけです。 あるとないのとでは仕事の効率がかなり変わってきます。

自分で構築した自社のサイトと予約システムから入ってくるWEBの予約はリアルタイムでApple Watchに入ってきて、カット中でもApple Watchから最新の予約状況はわかるようにしています。 店の親機になっているパソコンの画面をipadにミラーリングして手元に置いているので、予約表はもちろん、クラウド上に保存している過去の来店履歴とカルテを見ながらカウンセリングをします。

自社のHPもSEO対策も、HP制作会社の言い値でぼったくられるのがいやなので、全部自分で(macbook一台で)製作管理をしています。」

KingsmanTokyo_05


トラディショナルなバーバーが流行っている中、僕の身の回りは結構イマドキのものばかりかもしれません。イマドキのバーバーブームとは違うかもしれませんが、あまり気にしません。 効率が良くなると思うもの、いいと思うもの、かっこいいと思うものをジャンルも流行りも何も気にせずに集めていたら、今の道具が集まっていました。 今後もっといいものを発見して、どんどん変わっていくかもしれないですが-。


 


Arrow_Policy


「最高ですね、バーバーのツールは-」


実際お客様に触れるツールですが、お金を頂いて髪を切っている以上、ツール1つ1つにストーリーがあって、こだわりを語れて、初めてプロフェッショナルなんじゃないかなと僕は思います。

プロである以上、オタクにならないとダメだと僕は思います。 同じ完成形のスタイルを作るにしても、そのプロセスはツール1つでいくらでも短縮できて、いくらでもカッコつけられると思います。


作業のスピードが上がって且つモチベーションが上がる道具、が僕の道具を選ぶ一番の基準です。 「どんな」道具を「どう」使うか。 ツールを選び、工夫し、楽しむ。ワクワクする。最高ですね、バーバーのツールは-。


 


KingsmanTokyo_08


 


Arrow-Imformation


ブルックリンにあるバーバーショップをイメージした完全男性専用ヘアサロン。

選び抜かれたプロダクツで構成する洗練された空間が、多くの男性客を魅了する。


KINGSMAN TOKYO BARBERSHOP


〒206-0034 東京都多摩市鶴牧1丁目5-3 鶴巻コーポ山王1F

電話:042-400-5688

営業時間:11:00~22:00 / 土曜・日曜日:09:00~20:00

定休日:月曜日

Instagram https://www.instagram.com/explore/tags/kingsmantokyo/

Facebook https://www.facebook.com/kingsmantokyobarbershop/


KingsmanTokyo_06


KingsmanTokyo_07