ライオン・ヘアサロン・グループは、全国にコミュニケーションネットワークを有するヘアサロンビジネス・コミュニティです
│ プライバシーポリシー │ 資料請求メールでのお問い合わせ
あなたのベストパートナーになりたい
HOME >> Latest Topics
Comment

プロの道具箱 Vol.12

散髪屋 HillBillyCat オーナー Toshi

男女を問わず出会った多くが惚れ込む業界の艶男(アデオス)Toshiさん。


TiTle-Panel


HillBillyCat_Toshi_01


今回は、そんなプロフェッショナル、Toshiさんの道具箱をSNAPSHOT!


 


Arrow-Toolbox


HillBillyCat_Toshi_04


HillBillyCat_Toshi_05


 


Arrow-Scissors


一応メインはKENSAI SUPER COBALT K-1とK-2をメインにしてますが、お客さんのスタイルや髪質他いろんな条件によって5種類のスキバサミ含む13本のハサミを使い分けしてます。日本人男性の髪の毛を刈り上げる場合どうしてもバリカンだけではでないニュアンスをつくるって言うかバリカンメインに刈り上げると大事故なスタイルになっちゃうのでその点ではバリカンよりもハサミに拘りがあるかもしれません。


KENSAI

SUPER COBALT K-1、K-2


 


Arrow-Clipper


バリカンはPanasonicのER1510PとTHRIVE model5500を使ってます。これは何種類かのバリカンを使って丸刈りをつくった時に一番スムーズに綺麗に刈れたと思ったからこの2つを好きで使ってます。まぁ刈り上げやショートスタイルは丸刈り以外はハサミメインでヘアースタイルをつくるのでバリカンにそんなに拘りはないです。停電になってもスタイルつくれるし(笑)


Panasonic

ER1510P

THRIVE model5500


Wahl

super close


 


Arrow-Comment


「自分のスタイルを出したカッコいいお店 -」


俺自身あんまり道具に拘りはないのですが、今のバーバーブームで思うことはカッコいい店って言うのを勘違いしてる人達がいるような気がしますね。カッコいい店舗なら金さえ出せば大工さんがいくらでも作ってくれるし、道具もカッコいいのを揃えればカッコいい店舗はできます。でもそれじゃあカッコいい店はできないと思います。カッコいい店をつくるにあたって一番重要なのは、オーナーがブレないスタイルとそしてカッコいいお客さんがきてくれて初めてカッコいい店というスタイルができあがると思います。これから店を出す人達がいたらどこかの国のディズニーランドみたいな店じゃなく、自分のスタイルを出したカッコいいお店をつくったら業界も盛り上がるんじゃないですかねぇ~


(神様ごめんなさい!本当は業界のことより次の予約のお客さんの頭のことしか考えてません!)(笑)


 


Arrow-Imformation


散髪屋 HillBillyCat


〒293-0024 千葉県富津市篠部2224-1

電話:0439-88-1950

営業時間:09:00~深夜

定休日:月曜日

FACEBOOK https://ja-jp.facebook.com/散髪屋-Hillbillycat-491626131004322/

instagram https://www.instagram.com/barbershop_hillbilly.cat/


HillBillyCat_Toshi_07


HillBillyCat_Toshi_06